2020年の教育改革についてエストスーパースクールが取り組むこと

tel:0120-411-80

essの想い

essの想い

ここから始める未来づくり

子どもたちが望む未来を
生きていくために
essは2020年教育改革
その先の未来を生き抜く力を養う個別指導塾です。

  • 考える力
  • 発信する力
  • 活用する力
  • 考える力
  • 発信する力
  • 活用する力

3つの力で未来を
”生き抜く力”を養う

見つめ直したい、
伸ばすべき「力」

教育改革が進む中、知識の習得以上に学習を通じて「考える力や表現する力」の育成が重視されるようになりました。就職においても、個人の能力や資質が問われるようになっています。また、入試制度においても、昨今、文部科学省は、従来の「知識偏重」型教育から脱却し、思考力や判断力、主体性を重視する方向に日本の教育内容を変え、大学入試改革と一体となった抜本改革を目指そうとしています。

3人組の学生 写真
父母 写真

65%の子どもたちが、
現代にない仕事へ就く
“未来”を見据えて

AI・ロボット(人工知能)が出てくる時代。10年後、20年後にはコンピューターに取って代わられる「なくなる仕事」が増えてくると予測されています。

ess(エストスーパースクール)では未来を見据えた教育にいち早くシフトチェンジを行ない、小学部では「未来教育ベストキッズ」、中学部・高校部では自分の力で世の中に価値を生む力を養うカリキュラム「ENAGEED」を通じて、子どもたち自身が未来をイメージしつつ、一人ひとりがそれぞれの答えを探し求める力を養える個別指導塾として日々進化し続けます。

 2020年高大接続改革に向けて、
essでは「活用力」 「総合力」
育成していきます。

予測困難で不確かな社会の中で、これからは創造性(情報処理能力と活用力)が求められるようになり、この時代の変化に合わせて必要とされる学力の定義も変化することになります。

これからの教育は、「主体性・多様性・協働性」が重視し、「思考力・判断力・表現力」を育み、これまで以上に「知識・技能」の習得を求める形へと生まれ変わっていきます。

ワンツーマンで勉強を教える 塾教師 写真

これから段階的に学校教育改革が進み、2020年度からは大学入試制度が大きく変わることになります。「高校生のための学びの基礎診断」の導入により知識・技能の定着度を測り、センター試験にかわる「大学入学共通テスト」で知識・技能の習得を前提に思考力・判断力・表現力を中心に評価します。知識・技能の底上げと同時に、思考力、判断力、表現力も評価される、これまでとは全く違う試験制度に変化するのです。

また、各大学にアドミッションポリシーの策定が義務化され、個別試験で問われる内容や入試方針にも反映されるため、志望大学のアドミッションポリシーに対応する多様な経験を積むことも必要になっていきます。これからは大学から求められる必要学力を身につけるのと同時に、「なぜその大学に行くのか」「将来、どう生きるのか」という問いの答えを明確に持つことが必要となるのです。

For our children

-子どもたちのために-

塾内での様子 写真

「漢字をいっぱい知っている」
「計算が上手」

それが「かしこい子」の基準なら、
自分の意見を持って言える子や、
自分で問題を解決していける主体性のある子は、
いったい何と呼べばいいのでしょう。

これからの未来を託せるよう、私たち大人は、
子どもたちに何を望むべきでしょうか。

どうしたら未来を生き抜く力を、
子どもたちは身につけられるのでしょうか。

塾内での様子 写真
「現在小学生の子どもたちの65%は
大学卒業時に今は存在していない職業につくだろう」
塾内での様子 写真

米デューク大学の研究者が語った予測は世界中に大きな衝撃を与えました。

今を生きる子どもたちが10年後、20年後にどんな社会で、
どんな職業についているのか。

その答えは誰も持っていません。

その答えを創り出すのは、子どもたちです。

エストスーパースクールは、
子どもたちが自らの意思で学び、
未来を生き抜く力を身につけられるよう、
様々な「学びのステージ」を用意して、
一人ひとりの成長をしっかりバックアップします。

エストスーパースクール
無料お試し受講
無料お試し受講 イメージ写真

無料体験授業をご受講いただき、
ご納得の上で入校をご判断ください。

兄弟姉妹割引
無料お試し受講 イメージ写真

ご兄弟姉妹でご通塾の場合、
お二人目の月額授業料が20%オフとなります。