9月の「エナジード」を実施しました!|個別教育essの先生・スタッフブログ。

ess est super school 幼児 小学 中学 高校 15周年目

0120411980

0120411980

スタッフブログ

スタッフブログ

2020/09/24

9月の「エナジード」を実施しました!

みんなさん、こんにちは!
エストスーパースクールです!

9月19日に探求型キャリア教育プログラム「エナジード」を行いました。
エナジードとしては、初のオンラインでの開講!
今回は小6〜中3の子どもたちが集まってくれました。


9月のテーマは
【未来をつくる力】と【私たちの可能性】
これらを知ることです。

 

 

かつて米デューク大学の研究者であるキャシー・デビッドソン氏は、2011年8月のニューヨークタイムズ紙インタビューでこんな言葉を残しました。


「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」
一度は耳にされた方もいるのではないでしょうか。

 

今と昔、そして未来…
これまでになかったものが生まれ、またこの先も新たなものが生まれていきます。
それは、職業だけではなく、身の回りにあるものも同じです。
予想するのは容易ではないかもしれないかもしれませんが、考えることが大事!
今あるものは、過去に誕生した問題点からヒントを得て、作られたものたちです。
ということは、今ある問題点からヒントを得て、未来を作り出すこともできるはず!

 

とはいえ、いきなりそんなことを伝えても考えにくいですよね(;・∀・)
そこで、今回は・・・!

 

「かっこいい大人ってどんな人?」
という発議からスタートです。

 

・一生懸命な人
・努力をしている人
といった回答が出ます。

 

さらに、
「これからの未来、世の中はどうなると思う?」
と子どもたちに投げかけ、自由な発想を引き出します。

 

・人間が空を飛べる
・月へ旅行に行ける
だったり、
・かめはめ波を放てる
なんていうユーモア溢れる回答まで(#^^#)

 

そして、AIやロボットの進化にも負けない人間の力についても考えを巡らせます。
大人も子どもも、これからの社会を生き抜いていくには、AIに負けない力を身に着けることは必須!

 

続いて、私たちには4つのモードがあることを学習します。
周りにもこんな人はいませんか?

 

1.言われたことだけをやる人
2.問題を見つけれるけれど、文句を言うだけの人
3.アイディアは思いつくけれど、「こうしたらいいのに」と言うだけの人
4.アイディアを実現しようと行動する人

 

この中で、未来をつくっていけるのはどの人かと言えば…
4の「アイディアを実現しようと行動する人」に決まっていますよね!

 

では、【未来をつくる3つの力】を子どもたちに伝授!


1.気づく力
2.発案する力
3.実現する力

 

この3つの力を使って、未来をつくり出した実例をみんなで見ていきました。
例えば、バイクのルーツや発展途上国での農作物の保存法、海のゴミ問題から海の生き物を守る方法など。

これらすべてに共通しているのは、身近な問題であるということです。


日常の中にも、「もっとこうなったらいいのに」と思うことは転がっていませんか?
「あたりまえ」は未来へつながるヒントの宝庫です!

 

10月以降のエナジードの中で、少しずつ紐解いていきましょう!

 

こういった課題は、一人で考えるよりもみんなで考える方がいいですね!
まわりの人の意見を聞くことで、自分の考えもブラッシュアップされていきます。

 

なかなか学校や普段の塾の授業の中では考えられませんが、月に1回はこういうことを考えるのもいいですよね!
10月はどんな回になるのか、今から楽しみです(*^^*)

お問い合わせ

または各校電話番号まで直接お問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ

資料請求・お問い合わせ