高校別フォローから大学受験指導まで、高校生の様々なニーズに応えます。

ess est super school 幼児 小学 中学 高校 15周年目

0120411980

0120411980

高校部

高校部 将来の目標を見据えて導く一人ひとりに向き合った個別カリキュラム高校部 将来の目標を見据えて導く一人ひとりに向き合った個別カリキュラム

在学高校の学習内容・進度に完全対応した個別カリキュラム

「個別アクティブコース」「個別ベーシックコース」「推薦入試対策コース」
の3つを用意し、入試制度ごとにきめ細やかな個別カリキュラムを作成。
高校生を応援しています。

高校部で学べるつのコース

01

個別アクティブコース

大学一般入試対策コース

受験合格までの個別カリキュラム

大学一般入試に向け、現状から受験合格までの個別カリキュラムを作成し、最短ルートを示した個人計画をもとに、毎回テストで確実な力を育成します。
定期的な面談を行い、受験科目の決定やそれぞれの受験科目についての勉強方法をアドバイスしていきます。
また、生徒の学習状況の徹底管理と成績アップや志望校合格に必要な家庭学習管理も行います。

02

個別ベーシックコース

学校別授業対策コース

高校1、2年生のうちに進路選択の幅を広げられるカリキュラム

高校1年生、2年生に向けたコースです。進路選択の幅を広げるため各高校別の定期テスト対策をしながら、同時に指導科目の実力養成をしていきます。
また、ICTシステムの活用により定期テスト前に全科目の学習が可能です。
学年が進んでいき、希望の進路が具体的になったとき、「推薦入試対策コース」「大学一般入試対策コース」のどちらかのコースに進んでいただきます。

03

エナジード

エナジード

エナジード 資料の写真 できる理由の作り方

2020年教育改革と、
その先に訪れる社会へ向けて、
子どもたちが、自分の可能性を理解し、
能動的に生きる力を手に入れるために
「ゼロから1を生む経験」と
「肯定的な反応を得る機会」を繰り返す。

エナジード 資料の写真 時代は加速する
エナジード 資料の写真 できる理由の作り方 エナジード 資料の写真 時代は加速する

ENAGEED(エナジード)は、社会・未来・海外とステージを変えながら、⽣徒が⾃分の⼒でゼロから1 を⽣む経験を繰り返すことで、⾃身の可能性と「これから何をしたいのか・どんなことを学びたいのか」に気づくアウトプット型学習コースです。正解のない問いに答え続けることで、2020年以降の新⼊試で求められる⾃⾝の考えを組み⽴て、表現する⼒」を身に付けることができます。

01

問題を問いている様子の写真 問題を問いている様子の写真

正解のない問いへ挑戦する

今後の社会において「正解のない問い」への取組み機会は増えていきます。⾃分の考え方を組み⽴て、思考する。エナジードは「正解のない問い」に向き合う教材です。

02

学生が仲間と話をしている様子の写真学生が仲間と話をしている様子の写真

自分の考え・感情を表現する

個人ワーク、グループワークを通じたアクティブラーニング形式の授業で⾃分⾃身の考えを表現することが鍛えられ、小論⽂、プレゼンテーションに対して⾃分で考えを組み⽴て表現することが可能となります。

03

資料が重なっている様子の写真資料が重なっている様子の写真

生き方、進路を考え抜く

身の回りで起きていることに気づき、社会で起きていることを知ることで多様な価値観に触れます。その上で⾃分で取捨選択し、創造を繰り返すプロセスが今後のキャリア形成に影響します。

04

速読解コース

速読解コース

『速く、深く、正確に』文章を読み取る力を育成します。

受験・テストに有利
速読が出来るようになれば教科書や参考書を何度も反復練習ができるようになったり、考える時間を十分にとることができるようになります。
読書量の増加
読書量が増えることで、語彙力の向上や学習量の増加に繋がります。読解に対しての抵抗がなくなり、国語力も高まります。
脳力トレーニング
速読・速解力が向上すると、記憶力や情報分析力、集中力が向上し、様々な能力も活性化されます。

05

スピード英読解コース

スピード英読解コース

センター試験・高校入試の約80%は長文読解です。

01
毎回、長文読解に必要な語彙20~50題を暗記してからレッスンを始めます。発音を確認しながら確実に覚えることが可能です。
02
レベルに応じた長文を読み込むことで演習量をアップし、
スピードを意識しながら正確に読む力を付けられます。
03
通常の1.5倍速、2倍速のネイティブ音声を聞くことができ、
リスニング力がアップします。

コース一覧

  • 小学部小学部
  • 中学部中学部
  • 高校部高校部

お問い合わせ

または各校電話番号まで直接お問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ

資料請求・お問い合わせ